牛乳パックのブーメラン工作

牛乳パックのブーメラン

牛乳パックのブーメラン

牛乳パックのブーメラン


牛乳パックを使ったブーメランを紹介します。
ちゃんと手元に戻ってくるブーメランです。
ここで紹介する作り方だと、四畳半の部屋の中でも飛ばせる程度の飛距離です。
もしも飛距離を伸ばしたいのならば、牛乳パックを二重にして重くするとよいでしょう。

スポンサードリンク

用意するもの

  • 牛乳パック
  • はさみ
  • カッター
  • 定規
  • ホッチキス

作り方を解説

牛乳パックを3本に切る 牛乳パックを細長く3本切ります。

牛乳パックの端に折り目を付ける 牛乳パックの端に折り目を付けます。
定規とカッターを使って切れ目をいれて山折にしてください。
3枚すべてに入れます。
折り具合は、後でテスト飛行させながら調整します。

牛乳パックをホッチキスでとめる 牛乳パック3枚を重ねて、ホッチキスでとめます。
偏りがないようにバランスよく重ねてください。

牛乳パックのブーメランの完成 出来上がりです。
矢印の方向に向かって、手首のスナップを効かせて投げます。
うまく帰ってこない場合は折り目の調整をしてください。

スポンサードリンク


 

ホーム RSS購読 サイトマップ